Tap to close

丁寧に珈琲を淹れる至福の時間

お問い合わせ

丁寧に珈琲を淹れる至福の時間

 

こんにちは、桑原正守です。

私の趣味のひとつに『珈琲』があります。

まだまだ気取りのあった40代の頃は、 葉巻シングルモルトも嗜みましたが、

50代に入ってからは、自らの健康はもちろん、 妻とぶぅ太のことも考えすっかり珈琲党に。

IMG_2343

 

もともと珈琲は大好きで、
出先でも沢山いただくのですが、

やはり自分で淹れたものは格別。
本当に美味しいのですよ〜( ^ ^ )/

IMG_2395

 

もちろん専門家ではないですから、
プロが見たら突っ込みどころ満載でしょうが、
私なりの作法を楽しんでいます。

豆は、大好きなコピルアックを。

バリ島でハマって以来、
ずっと切らしたことがありません。

IMG_2390

 

生豆を取り寄せ、自分好みに焙煎
(*焙煎機がほしい気持ちをぐっとこらえてフライパン、笑)

ちなみに私の好みは浅煎りから中煎りです。
引いてすぐ淹れるのでなく熟成を待ちます

IMG_2391

 

ちょいとこだわっていると言えば、
ペーパーレスのメタルフィルターかな( ^ ^ )

メタルフィルターはペーパーより目が粗く
粗挽きか中粗挽きになるのですが、

ペーパーが豆の油分を吸い取ること無く、
本来の味と香りを楽しめるのが特徴なんです。

IMG_2394

もう一つはお湯の温度
緑茶や抹茶もそうだと思いますが、
珈琲も繊細で、沸騰したお湯は向きません

そのため、
一度沸騰させたお湯を何度となく揉みます

ただ冷ますだけでなく、
湯揉みの工程が美味しさの秘密
眼差しも真剣そのものでしょ( ^ ^ )/□

IMG_2393

あとはゆっくりと豆を蒸らし、右回りに、
撫でるように愛でるように注いでいくと、
細かく綺麗な泡が立ってきます。
(大きな泡、蒸された豆に地割れができないよう注意します。)

 

部屋いっぱいにふんわりと漂う香り(*゚▽゚*)

 

この一杯のアロマで心も身体も浄化され、
太陽エネルギー大地のミネラル感にメロメロになるのです!

コピルアックはグルメなジャコウネコが
赤く熟れた極上の珈琲豆だけを食べて排泄し、
消化されないお豆だけを拾い出して洗い乾燥させたもの。

 

とても手間がかかり、
他の珈琲豆よりもかなり高価なのですが、
そのぶん、味と香りは格別です!

 

ちょっと贅沢かもしれませんが、
銀座や六本木など夜遊びをしない私的には、
これほどコスパの良い趣味はありません。

いちど貴方にも、美味しい一杯を
ふるまえる機会があれば幸せです( ^_^)/~~~