肚の底から沸き上がる感情を味わい、
心の底から思ったことを言葉で表現する。
いつから人はそれが難しくなったのだろう。

肚と感情と言葉が一致したとき人は、いつも軸が揺るがない。
本質で生きるからこそ、全てにスピード感があって、次々と現実を創造していく。

これは難しいことなのか。
実態のない周囲の評価を気にして、思ってもいない言葉を口にする方がよっぽど難しい。

それは怖いことなのか。
年を重ね、人生が終わる時に「思い通りに表現すれば良かった」と後悔する方がよっぽど怖い。

ありのままを表現して、受け入れられなければ、まだまだ中身を磨く必要があるということ。
その学びこそが、自己を成長させて本質を生きることだと私は思う。
どれだけ、悩み、考え、感情を揺さぶることができるか。
どれだけ、人の想いにふれ、涙し、心を動かすことができるか。
どれだけ、意思決定の現場に立つことができるか。
どれだけ、目の前の人との関係を味わうことができるか。

その経験が肚の底から表現して生きる「力」の源になる。
いつからだって遅くはない。

自らをさらけ出し、互いに踏み込み合い、本質を生きる
ために、2013年3月、話道伝承講座が始動しました。

講座の内容は、
受講生一人一人の課題によって大きく変わります。

また、受講生同士の関わりによっても常に変化します。
そのため、講座の内容は毎回移り変わっています。

一つだけ言えることは、
どのような状況であっても最後まで桑原が、
寄り添い、
導き、
踏み込み、
引き出し、

人生の本質に向かうスタートに立つことを約束しています。
話道に出るまでの日々、僕は、ただ漠然と「変わりたい」
「成長したい」と感じながら過ごしていました。
周囲の人達が輝いてみえて、自分だけが取り残されているような感覚。けれども、成長するための具体的な方法がわからず、焦りを感じていました。そして、思いきって参加した「話道伝承講座」で、まるで呪縛が解かれたかのように自然に変化することができました。
もし、以前の僕と同じように感じている方がいたら、ぜひ、話道にチャレンジして、同じ環境に身を置ける最高の仲間になって欲しいです。「自分の求める以上の物が得られる講座」だと心から思えた2日間でした。
「話道伝承講座」に参加するまでは、自分自身とも他人とも「向き合う」ことをしていませんでした。
そして、「向き合っていない」ことに気付いてもいませんでした。話道に出て、桑原さんに踏み込んでいただいて初めて、「向き合うこと」「踏み込むこと」の大切さを学び、それから毎日、沢山の発見の中に生きています。
人間関係で心を痛めている方、自分の殻に閉じこもってしまっている方、勇気を出して、講座にいらしてみてください。きっと本来の自分自身に出逢うことができるはずです!
「話道伝承講座」に参加して、自分にはなかった「軸」というものを持つことができました。自分が望んでいること、歩みたい方向が明確になったのです。
講座は2日間で開催されますが、1日目と2日目の自分は別人のように変化し、一緒に受講した皆さんもそれを感じて、共に本気で喜んでくれました。
私にとって話道は、「今後の人生の方向性を決める講座」だったといえます。
思っていることをありのままに表現できたら、
なんて素敵なんだろう。
相手のことを想って心からの言葉を伝えられたら、
どれだけ人生が豊かになるだろう。
話道が修了してからの日々、深くコミュニケーションをとること、会話をすることの素晴らしさ、人生を味わうことの奥深さを自分の心に深く深く刷り込み、実践しています。
これまでの暮らしでは味わえなかった感覚でした!
 講座が修了し、ここから「期」を越えた関係が生まれる。
年齢や職業は一切関係なく、互いに踏み込み合い、高め合う「大人の幼なじみ」と出逢える。
肚の底から沸き上がる感情を味わい、心の底から思ったことを言葉で表現し合える場所。
ここから本当の【話道】が始まる。

飾カレーにて新年会

2014年01月

桑原宅ホームパーティー

2014年02月

品川にて懇親会

2014年02月

渋谷にて懇親会

2014年03月

桑原宅ホームパーティー

2014年04月

大人なじみの同窓会

2014年04月

渋谷にて懇親会

2014年05月

懇親会のカラオケ

2014年06月

中野にて「流れる雲よ」の勧賞会

2014年05月

渋谷にて懇親会

2014年07月